閉じる×

労務管理

よくあるご相談

「辞めた従業員から未払残業代を請求されました。」
「やむなく解雇した従業員から労働審判の申立てがありました。」
「問題行動の多い従業員に対し、どのような指導・処分を行えばよいでしょうか。」
「従業員のパワハラ、セクハラについて、どのように対応すればよいでしょうか。」

労務管理とは

 企業や団体は、大きく分けて「人」と「物」で成り立っていますが、労務管理とは、「人」の管理(労働条件や労働環境等の管理)を指すものです。「物」の管理に比べて、「人」の管理は容易ではありません。能力、教育、感情、人間関係など、様々な要素に配慮する必要があるからです。

労務管理に関する問題(労務問題、労働問題)は多岐にわたります。
【労務問題の例】
・従業員の採用・入社に関する問題
・長時間労働・未払残業代に関する問題
・労使紛争に関する問題
・従業員の体調管理・休職に関する問題
・ハラスメント(パワハラ・セクハラ)に関する問題
・退職に関する問題
・解雇に関する問題
・懲戒処分に関する問題 など

 労務問題を防止するためには、就業規則の見直しや、適切な労働契約書の作成等を通じて、労働環境を整備しておくことが重要です。そして、万が一、労務問題が発生した場合には、問題を先送りすることなく、適正かつ迅速に対応することが重要です。労務問題を放置すると、企業イメージの棄損や、従業員の士気の低下を招き、経営に深刻な影響を及ぼす場合があります。

 労務管理とは、「人」の管理すなわち企業の管理そのものであり、経営に密接に関わる業務です。適切な労務管理は、企業イメージの向上や従業員の士気の向上を促進し、ビジネスにアクセルをかけることにつながります。

当事務所のサービス

使用者側に専門特化
当事務所は、使用者側(企業側)の労務案件に専門特化した事務所であり、使用者側の労務案件全般のご相談に応じています。事業内容や問題状況等についても十分なヒアリングを行ったうえで、企業ニーズに沿った解決策を検討いたします。

労務セミナーの開催実績
当事務所は、企業向け労務セミナー、社会保険労務士向け労務セミナーの開催実績が多数あります。今後の開催につきましては、当ホームページ等でご連絡させていただきます。
<過去に実施した労務セミナー>
・長時間労働対策セミナー
・未払残業代対応セミナー
・問題社員対策セミナー
・重要判例・最新判例解説セミナー
・働き方改革関連法対応セミナー など

顧問サービス
労務管理を継続して依頼される場合には、便利な顧問サービスをご活用ください。
顧問サービスのメリットとは
社会保険労務士向け顧問プランも用意しております。是非お問い合わせください。

弁護士費用(労務管理)

1 法律相談料
 30分 1万1000円(税込)

2 書面作成料
 内容証明郵便など 1通あたり5万5000円~(税込)

3 労働審判、民事訴訟

経済的利益の額 着手金(税込) 報酬金(税込)
300万円以下の部分 8.8% 17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分 5.5% 11%
3000万円を超え3億円以下の部分 3.3% 6.6%
3億円を超える部分 2.2% 4.4%

4 その他
 当事務所では、ご依頼者の希望に応じて様々な対応策をご提示しております。特殊な事情がある場合は、相談を受けた段階で個別に見積書を作成いたしますので、お気軽にお申出ください。見積書の作成は無料です。

お一人で悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

tel:0584-47-6655